着付け教室やスクールで知識を学ぶ|Enjoyスタディ

即戦力になるために

学生の経歴は豊富で授業以外で学ぶことも多い。

バブル崩壊以降、大学を出ても希望の職業に就くことは難しくなりました。兎に角、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるが就活の基本です。その中で、縁あった会社に卒業後、勤めるのが一番多いパターンです。 もちろん、希望通りの職に就ける人が全く居ないわけではありません。そういった人は、早いうちから行動をしているものです。同校卒業生を私的に訪問して人脈を作ったり、面接でアピールできる資格をとったり。やれることは沢山ありますが、ほとんどの学生は学生時代に全力で遊んでしまいます。それで、いざという時に差が出てしまうわけです。 昨今、一度就職してもすぐに辞めてしまう人が多いことが社会問題になっています。その後、専門学校に通う人も多いです。または、サラリーマン生活を続けつつ、夜間専門学校にも通うというハードな生活をしている人も居ます。 夜間専門学校というと即戦力重視の教育が中心です。生徒の経歴も様々で面白いです。ニートだった人や、自分の親と同世代だったり、授業以外で学ぶことも多いのが夜間専門学校で得られるプラス面です。こういった一見遠回りのパターンを歩む人は増加傾向にあると言われています。

夜間専門学校生ならば昼間に働くほうが良い。

夜間専門学校生ならば、昼間はアルバイトでも良いので就職希望分野で働いて職歴を付ける方が断然有利です。夜間専門学校に来る求人は殆どが即戦力を求めているものが多いからです。例え、求人票には新卒OKと書いてあっても、実情は違います。 面接でアピールする時に夜間専門学校で技術を学びました、というだけでは弱いのです。夜間専門学校で技術を学びつつ、昼間はバイトですが実務を経験していました。これならば面接でのアピール力は相当高く、採用される可能性は非常に高いのです。何の分野でもそうですが、実務経験者が断然有利なのです。 もちろん、昼間普通にサラリーマンをしている人が夜間専門学校に通学していた場合もアピール力は強いです。採用側から見れば、ちゃんとした社会人経験があるということは好印象ですから。